2021.07.09

史上最年少でジュニア世界1位! 車いすテニス・小田凱人は「日本を背負っていく選手」

  • 荒木美晴●取材・文・写真 text&photo by Araki Miharu

 4月下旬、日本の車いすテニス界にビッグニュースが飛び込んできた。小田凱人(ときと/岐阜インターナショナルテニスクラブ)が、4月26日付のITF車いすテニスジュニアランキング(Boys)で1位に輝いたのだ。14歳11カ月18日での1位は、リオパラリンピックメダリストのアルフィー・ヒューイット(イギリス)の15歳1カ月1日を抜いて、史上最年少記録だ。

ジュニアの世界ランキングで最年少1位になった小田凱人ジュニアの世界ランキングで最年少1位になった小田凱人  昨年2月、18歳以下の頂点を決める世界ジュニアマスターズを13歳で制した小田。その後は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会が軒並み中止になり、国内での調整を余儀なくされたが、今年4月には約1年2カ月ぶりの海外遠征を再開。15日から始まった「メガサレイオープン」を皮切りに、トルコ・アンタルヤで開催されたITFのシニアの5大会(クレーコート)に立て続けにエントリーした。

 その5大会を通して、元世界ランキング1位のマイケル・シェファーズ(オランダ)に2度勝利したほか、東京2020パラリンピック日本代表選手ら格上ランカーからも勝ち星を挙げるなどして、4大会で優勝、1大会で2位の好成績をおさめた。

 圧巻だったのは2大会目の「MTAオープン」。シニアとジュニアの試合が同時開催されており、小田はシニアのシングルスとダブルス、そしてジュニアも制したのだ。ひと大会で3種目同時に出場するのは初めての経験で、疲労の蓄積もあるなか勝ち切った。前述の"ジュニア世界1位"はこの結果が翌週のランキングに反映されたもので、シニアのほうでも90位から25位へと大幅にランクアップしている。

 6月下旬、帰国後の2週間の隔離生活が明けた小田に取材を申し込み、この快挙について話を聞いた。

「コロナ禍で大会から離れていたのもあって、自分の実力がシニアのなかでどれくらいの位置なのかわからない状況だったんです。試合中はトップ選手の上手さ、すごさを肌で感じましたが、そのなかで自分自身は終始、メンタルの波を作らず戦えたことが結果につながったのかなと感じています」