2021.06.12

37歳でも「年々テニスはよくなっていると確信」。国枝慎吾が世界1位を維持できる秘訣

  • 神 仁司●文 text by Ko Hitoshi
  • photo by KCS/AFLO

 グランドスラム第2戦・ローランギャロス(全仏オープン)の車いすテニス男子シングルス決勝で、第1シードの国枝慎吾(ITF車いすテニスランキング1位、5月24日づけ/以下同)は、アルフィー・ヒューイット(3位、イギリス)に3-6、4-6で敗れ、2018年以来となる8回目のタイトル獲得はならなかった。

準決勝で50歳になっても未だ第一線で活躍するウデ選手に勝利した国枝慎吾準決勝で50歳になっても未だ第一線で活躍するウデ選手に勝利した国枝慎吾 この記事に関連する写真を見る 「今日(決勝)の試合の内容としては、完敗だったかなと感じます。相手のショットの精度がすばらしかったです」と振り返った国枝は、23歳のヒューイットのコースを的確に突いてくるパワーショットに苦しめられた。

 第1セットを先取された国枝は、第2セットに入るとベースライン付近からライジングを駆使。早いタイミングで打ち返すグランドストロークのリズムをヒューイットは嫌ったが、ボールが高く弾むレッドクレー(赤土)コートで、その戦術を続けるのは容易ではなく、国枝が試合の主導権を取り戻すまでには至らなかった。 

 1月の全豪オープンから全仏オープンまでの期間でさらなる改良にトライしていたサーブがネックになり、決勝の第2セットでは1度しか自分のサーブをキープできなかった。

 時が経つのは早いもので、国枝も37歳になった。今回の全仏オープンの準決勝では、長年の宿敵であるステファン・ウデ(6位、フランス)をフルセットで破り、改めて国枝の存在感を示した。国枝にとってアウェー状態ではあったが、それすらも楽しめているようだった。

 国枝に敗れたウデは驚くべきことに現在50歳。また、車いすテニス以外にも目を向けると、先月にノバク・ジョコビッチ(1位、セルビア)が34歳になり、今月にはラファエル・ナダル(3位、スペイン)が35歳になった。さらに、ロジャー・フェデラー(8位、スイス)は39歳で、国枝を含めた30代半ば、および30代後半の選手が、依然として世界のトップに君臨し続ける驚くべき時代になっている。