2018.10.14

車いすテニス、国枝慎吾が3連覇と
上地結衣が初V。東京パラ出場権を獲得

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • 植原義晴●写真 photo by Uehara Yoshiharu

 アジアパラ競技大会(インドネシア・ジャカルタ)で、男子車いすテニスの国枝慎吾(ユニクロ)、女子の上地結衣(エイベックス)がそれぞれシングルスで優勝し、2020年東京パラリンピックのシングルス出場権を獲得した。東京パラまであと2年。折り返しとなるこの段階で出場権を手にしたことによって、調整をしながらツアー転戦に戻ることができ、ふたりは「準備期間が作れるので獲得できてよかった」と話す。

3大会目の挑戦で、初めてアジアを制した上地結衣 上地は今回が3大会目のアジアパラ挑戦。2010年広州大会は1回戦で敗れ、前回の仁川大会は銀メダルに終わった。悔しい思いをしてきただけに、「今回こそは、という気持ちで準備してきた」と語る。

 決勝の相手は、初戦で第2シードの田中愛美(ブリヂストンスポーツアリーナ)を破った中国の朱珍珍(Zhenzhen Zhu)。世界ランクは21位だが、今年3月のアメリカのカジュン・クラシックでは世界3位のアニク・ファンクート(オランダ)に続いて同9位のカタリーナ・クルーガー(ドイツ)、さらに同4位のサビーネ・エラーブロック(同)を立て続けに撃破。決勝こそ世界1位のディーダ・デグロート(オランダ)に敗れたが、いま勢いに乗る選手だ。

 上地はこの朱にここまでシングルス2連勝中。ただ、前日のダブルス決勝では敗れており、「最後の1ポイントまで粘る相手。気を抜いてはいけない、と思って試合に入った」と上地。朱の低い軌道のショットで走らされ、スピンの回転精度が甘くなる一方で、相手のバック側に高いボールを集めて返球が短くなったところで前に入る戦略を徹底し、6-3、6-4のストレートで勝利した。