2017.12.02

鈴木明子がパラアスリート
に感じる「底知れない力」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • 是枝右恭●撮影 photo by Koreeda Ukyo

 2020年東京パラリンピック開幕まで残り1000日を切った。これからさらに盛り上がっていくことは間違いないが、その前に2018年平昌パラリンピック冬季大会が、約3カ月後に迫っている。自身も2度の冬季オリンピックに出場しているプロフィギュアスケーターの鈴木明子さんが、パラリンピック、パラスポーツ、パラアスリートについてどんな印象を抱いているのか語ってくれた。

年々、パラアスリートとの交流が増えてきているという鈴木明子さん――パラアスリートの方々と交流はいつごろからありますか?

鈴木明子さん(以下、鈴木)私がバンクーバーオリンピックに出場したときはまだ、JOCの管轄は文部科学省で、JPC(日本パラリンピック委員会)は厚生労働省でした。2014年のソチ大会からどちらも文科省の管轄になり、壮行会などでパラリンピックの選手たちと同席する機会が増えました。さらに、その後にスポーツ庁ができて、より存在を身近に感じられるようになりました。

――どんな印象でしたか?

鈴木 オリンピック・パラリンピックの入賞者は、総理大臣官邸に集まってお祝いをしていただく機会があるのですが、フィギュアスケートはパラ競技にないため、それまでは交流自体がありませんでしたが、オリパラ、競技という枠を越えて交流できてとても刺激になりました。選手の方々にお会いした印象は、「前向きで明るい」です。みなさん、積極的だと思います。前向きだからスポーツができるというところもあるでしょうけど、スポーツに打ち込むことでそうなれたのかなとも感じます。