2015.11.03

ウィルチェアーラグビー日本代表、豪州に快勝でリオパラ出場へ

  • 瀬長あすか●取材・文 text by Senaga Asuka
  • 浅原満明/X-1●写真 photo by Asahara Mitsuaki/X-1

盛りあげよう!東京パラリンピック2020(39)

 世界4位だった日本代表が、ついに世界3強を捉えた。

 ウィルチェアーラグビーのリオパラリンピック予選を兼ねて、千葉ポートアリーナで行なわれた「三菱商事2015IWRFアジア・オセアニアチャンピオンシップ」。10月31日、オーストラリアに次ぐ予選リーグ2位の成績でリオの出場権を獲得した日本は、11月1日の決勝でオーストラリアに56-51で勝利を収め初優勝。

 2012年ロンドンパラリンピック金メダルチームで14年世界選手権王者のオーストラリアから今大会2勝するなど、リオのメダルという目標に向けて大きな自信を手にした。

エースとして日本代表を牽引した池崎大輔 約1000人の観客が見守る中、決勝は始まった。日本のスターティングメンバーは、ハイポインター()の池崎大輔(3.0)、池透暢(いけ ゆきのぶ/3.0)と、ローポインター()の若山英史、今井友明(ともに1.0)の組み合わせ。世界ナンバーワンプレーヤーと呼ばれるオーストラリアのライリー・バット(3.5)に対し、”最強ライン”で挑む日本は、スピーディーなトランジション(攻守の切り替え)とタックルでディフェンスし、相手の体力を奪っていく。オーストラリアの攻撃を押し込むことに成功した日本は、相手のパスを切り裂きボール保有権を奪取するなど、第1ピリオドで3点をリードした。
※ 持ち点制のウィルチェアーラグビーは、コート上の4人の合計が最大8.0点というルールがある。障がいの状態が軽い選手ほど高い点数が与えられ、比較的障がいが軽い選手を「ハイポインター」、障がいが重い選手を「ローポインター」と呼ぶ