2022.03.03

カーリング女子日本代表・藤澤五月。メダル獲得の立役者はまさに「勉強家」だった

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

ロコ・ソラーレ
藤澤五月インタビュー(前編)

この記事に関連する写真を見る

北京五輪で史上初の決勝進出を果たし、銀メダルを獲得したカーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ。そのメンバーである吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、藤澤五月の4選手が以前、自らのカーリング人生、五輪という舞台について語ってくれた。

メダル獲得を記念して、そのインタビュー(取材は2020年7月。掲載は2021年1月~2月)を改めて紹介したい。今回はスキップの藤澤五月。コロナ禍での活動や、自らの将来についても語っている――。

――新型コロナウイルス感染拡大の影響で、かなりイレギュラーな状況で始まった2020-2021シーズンですが、シーズン前はどういった点に強化ポイントを置いて、どんな練習をしてきたのでしょうか。

「昨季の終盤に続き、今季も多くの試合がなくなってしまったのは本当に残念でした。でもその分、夏にはトライアスロンやラグビー、空手、フットサルなど、多種のトレーニングを楽しみながら、フィジカルの強化を図れたと思います。特に自転車で摩周湖に行ったことは、一番の思い出になっています」

――昨季の世界選手権をはじめ、今季もワールドツアーや、11月に稚内で開催予定だったパシフィック・アジア選手権(PACC)など、多くの大会が中止になってしまいました。海外遠征はもちろん、さまざまな大会を消化できなかったことによる苦悩は、察するに余りあります。

「カナダに渡航できなかったことは、私個人としては12年ぶりかな。それ自体も寂しいけれど、やっぱり試合ができないのはつらいですね。夏の終わりくらいから徐々にオンアイス(の練習)が増えてきて、練習試合も始めたんですけど、その際に『試合は楽しい』と改めて思いましたから」