2022.03.03

ロコ・ソラーレ、銅メダルから銀メダルへ。藤澤五月が語るチームの成長とカーリングの魅力

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

ロコ・ソラーレ
藤澤五月インタビュー(後編)

この記事に関連する写真を見る

カーリング女子日本代表のロコ・ソラーレが平昌五輪銅メダルに続いて、北京五輪でも銀メダルを獲得した。その快挙を記念して、かつてのインタビュー(取材は2020年7月。掲載は2021年1月~2月)を改めて紹介。ここでは藤澤五月が平昌五輪後のチームの成長と、自らの人生設計についても語っている――。

――早いもので、今季は2022年北京五輪のプレシーズンとなりますが、まずは前回の2018年平昌五輪のことを聞かせてください。当時のことはまだ鮮明に覚えていますか。

「実は私、スマホのメモ機能を使って、いろいろなことを書き残してあるんですよ。誰にも見せるつもりはないですし、『何のために?』と聞かれると困るんですけれど、何か感じたことや思ったことを記していて。日記というほどでもないし、愚痴みたいなことも書いてありますけど」

――カナダやスイスといったメダル候補が予選で敗退するといった番狂わせが起こった大会でした。そういったことも記してあるのですか。

「あの時のカナダ代表って、前年(2017年)の世界選手権を全勝したレイチェル・ホーマンという、すごく強いチームだったんですよ。『あのチームでもこういう結果になるのがオリンピックなんだな。どれだけ強くても優勝も最下位もある。メンタル的な部分が重要なのかもしれない』といったメモが残っています」

――メモ機能に記しているのはカーリングのことだけですか。

「そんなことはないです。スピードスケートの小平奈緒選手が金メダルを獲ったあとには、『おめでとうございます。うれしい。次は私たちの番』みたいなことも書いてあります」