2022.02.10

ロコ・ソラーレの5人が語った北京五輪への思い。藤澤五月は「世界一になってみたいと思うようになった」

  • 竹田聡一郎●取材・文 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

 北京五輪女子カーリングの予選リーグが2月10日から始まる。

 日本代表のロコ・ソラーレは今季、拠点としていたカナダ・カルガリーから成田空港経由で2月5日に北京入り。開会式への参加は断念した。

「こんなご時勢ですし......」とチームの気持ちを代弁したのは、ロコ・ソラーレの代表・本橋麻里だ。自身も、今回は北海道北見市の自宅からテレビ観戦で応援するという。

「開会式は寒いなかで行なわれ、どうしても短くない待ち時間などが生じてしまいます。特に今回はコロナ禍ということもあり、選手の健康面を考慮しました。

 また、メンタル面でも2月10日の初戦に向けてじわじわと上げていくのが理想。2月4日の開会式でモチベーションが上がってしまうのはちょっと早すぎる。そこで今回は、競技に特化したスケジュールをとらせてもらいました」

北京五輪に挑むカーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ。左から吉田知那美、吉田夕梨花、鈴木夕湖、藤澤五月北京五輪に挑むカーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ。左から吉田知那美、吉田夕梨花、鈴木夕湖、藤澤五月 この記事に関連する写真を見る  一方、チームは五輪開幕前にオンライン取材をこなした。選手それぞれは、試合の勝ち負けより、ゲームへ向けての準備や試合内容について言及。リードの吉田夕梨花は"チームショット"にこだわる姿勢を見せた。

「チームで決めるショットが、このチームの強みだと思っている。(フィフスの石崎)琴美ちゃんとJDコーチ(ジェームス・ダグラス・リンド日本代表コーチ)と(チームコーチの小野寺)亮二さんの力を借りて、皆でどれだけのショットを決められるか。"チームショット"を増やしたいです」