2022.01.28

東城りおは小5で麻雀を覚えて20歳でプロ。Mリーガーになるために「決意の離婚」も経験した

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(4)
東城りお@前編

◆東城りおさんの厳選フォトギャラリー【全10点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 新加入選手の活躍が目立つ今季のMリーグ2021。昨年末12月28日の第2試合で2021年の最終戦を勝利で飾ったのも、セガサミーフェニックスに今季から加わった東城りお選手(日本プロ麻雀連盟)だった。

 終盤は何度も長考しながら慎重に打牌選択を繰り返し、トップを引き寄せた東城選手。ポーカーフェイスで戦うMリーガーが多いなか、時には頬を膨らませ、時には眉をしかめてと、自然体でMリーグに臨む東城選手の魅力に迫る。

   ※   ※   ※   ※   ※

東城りお(とうじょう・りお)1990年9月18日生まれの31歳東城りお(とうじょう・りお)1990年9月18日生まれの31歳 この記事に関連する写真を見る ---- まずは、麻雀を始めたキッカケを教えてください。

「小学校5、6年生の時に父親のパソコンゲームで覚えましたね。高校時代は麻雀をやる友だちが多かったので、みんなで遊んでいました」

---- 高校時代の腕前はどの程度でしたか?

「役はかろうじてわかるけど、点数はまったくわからなくて。1000点と2000点と満貫と役満しかわかっていなかったですね(笑)」

---- 麻雀プロには何歳の時になったのですか?

「20歳です。17歳の終盤にタレントになるために秋田から上京したんですけど、早々に所属したタレント事務所がいろいろあって突然閉鎖になって(苦笑)。で、バイトしながらあれやこれやしていたら、知り合いに雀荘のバイトを紹介されて。それが19歳の時でした」

---- 雀荘でのバイトがプロ雀士へとつながったのですか?

「雀荘でのウエイトレスだったんですけど、そこではウエイトレスは麻雀を打たせてもらえなくて。『麻雀が打ちたいのに!』と思っていたら『プロ雀士になれば店で打てるよ』と教えられて。それでプロになりました(笑)」

---- タレント志望の上京が2年半後にはプロ雀士に変貌したわけですね。麻雀の実力がもっとも伸びたのも、プロ雀士になろうと決めた頃だったのですか?

「うーん、どうだろう。点数計算などの基本的なことは麻雀プロ試験を受ける前に勉強したんですけど、実力はプロになってもあまり変わった実感はなかったですね。