2022.01.28

東城りおはMリーグに100%集中する夜型人間。8時間ぶっ通しで寝て、米と肉とカレーを食らう

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(4)
東城りお@後編

◆東城りおさんの厳選フォトギャラリー【全10点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 1月3日から再開されたMリーグ2021。3月11日のレギュラーシーズン最終日に8チームのうち上位6チームに残れば、その後に控えるセミファイナル、ファイナルへと道がつながる。

 後半戦から熾烈を極めた戦いが繰り広げられるなか、年明け最初の試合で2連勝と幸先よいスタートを切ったセガサミーフェニックス。その2回戦目に出場してチームを2連勝に導いた東城りお選手(日本プロ麻雀連盟)に、初めて挑むMリーグでの意気込みなどを聞いた。

◆東城りお@前編はこちら>>「Mリーガーになるために決意の離婚も経験した」

   ※   ※   ※   ※   ※

東城りお(とうじょう・りお)1990年9月18日生まれの31歳東城りお(とうじょう・りお)1990年9月18日生まれの31歳 この記事に関連する写真を見る ---- 年明け最初の登板で勝利して、昨年末からの個人連勝を3に延ばしました。それだけに東城選手の戦績で目立つのが、3戦目から3試合連続でのラス(4位)です。この時期は『Mリーグの壁』のようなものがあったのでしょうか?

「その時期はちょうど私の所属する日本プロ麻雀連盟が主催する『プロクイーン決定戦』というタイトル戦があって、その優勝をもう少しのところで逃したのが大きく影響しましたね。フェニックスのサポーター、チームメイトや監督、スタッフには申し訳なくて。多くの人たちに励ましてもらって、少しずつ立ち直れました」

『第19期プロクイーン決定戦』は決勝進出者5名によって延べ3日間・計12回戦で争われるタイトル戦。2021年は初日が10月10日、2日目が10月17日、最終日が10月24日に行なわれた。

 優勝は二階堂瑠美選手(EX風林火山/日本プロ麻雀連盟)が第11期以来2度目の戴冠。東城選手は最終日の12回戦・最終局まで優勝の芽があったものの、逆転優勝をかけた渾身のリーチは空振り、僅差でタイトル奪取を逃した。そして、このプロクイーン最終戦の敗北の2日後、自身3戦目の登板となった10月26日からMリーグ3戦連続でラスに沈んだ。