2021.05.11

北海道銀行はなぜ世界で勝てなかったのか。ロコ・ソラーレとの「決戦」への課題

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • 写真提供:(公社)日本カーリング協会

 上位6チームが2022年北京五輪の出場枠を獲得できる、カーリング女子世界選手権がカナダ・カルガリーで開催された。日本代表として出場した北海道銀行フォルティウスは、ラウンドロビン(総当たり予選)の13試合を戦って5勝8敗の11位。今大会での五輪出場枠の獲得はならなかった。

 北海道銀行は初戦のデンマーク戦こそ快勝し白星で発進したが、そこからスコットランド、中国相手に連敗し、4戦目のチェコ戦で勝利するも、続くスイス戦に敗れて黒星が先行した。さらにその後、ロシア、アメリカ、ドイツ、韓国といった、技術的には互角であろう相手にいずれも1点差の惜敗。中盤の4連敗が痛かった。

カーリング女子世界選手権に挑んだ北海道銀行。スキップの吉村紗也香は自身の決定力も課題のひとつに挙げたカーリング女子世界選手権に挑んだ北海道銀行。スキップの吉村紗也香は自身の決定力も課題のひとつに挙げた 「勝ちきれない試合が多かった」と振り返ったのは、リードの船山弓枝だ。その原因のひとつに、「ミスの大きさ」が挙げられる。

 刻一刻とコンディションが変わる氷の上で、クセのある石を数センチ単位でコントロールしなければいけないカーリングは、ミスがつきもの。だからこそ、そのミスを致命的なものにしないで最小限にとどめるための、戦略的な備えとチームとしての瞬時の判断が求められる。