2021.05.01

マヂラブ野田クリスタルがマッチョになって達成した目標とは「筋肉は盆栽」

  • text by Sportiva
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

マッチョ体型を披露する野田クリスタルマッチョ体型を披露する野田クリスタル
「スポーツ」としての側面も持つボディビル。これまではごく一部の人たちが厳しい筋トレと食事管理で、究極の肉体美を追求するニッチなスポーツだと思われてきたが、近年マッチョな体型へのイメージが変わりつつある。

 その火付け役となっているのが、マッチョを目指すタレントや芸能人の存在だ。特に、松本人志(ダウンタウン)を筆頭に、春日俊彰(オードリー)、小島よしお、なかやまきんに君、駒場孝(ミルクボーイ)などお笑い界にはマッチョが多い。その中でも今ブレイク真っただ中にいるのが、野田クリスタルだ。

 ピンとして『R-1ぐらんぷり2020』で優勝すると、マヂカルラブリーとして『M-1グランプリ2020』も制覇し、一躍時の人となった野田クリスタル。彼はなぜマッチョを目指したのか。直接話を聞いた。

野田クリスタルのマッチョ画像はこちら>>

――2013年から本格的に筋トレを始めたそうですが、それはなぜでしょうか。

 小学生の頃からバスケットボールをやっていたんですが、ダンクシュートをするにはどうしたらできるんだろうとずっと考えていました。大人になって引っ越しをした時に家の近くにジムあったので、ダンクシュートをしてみたいという思いから、そこに通い出したのが筋トレの始まりですね。

 当時、ジムに通い始めた人のためのキャンペーンがあって、3カ月間で増えた筋肉の量で割引になるというものだったんですが、そういうのがあるとやっちゃうんですよ。それで確か5kgくらい筋量が増えて、そのジム史上一番の記録になったんですよね。そういう目標があるからやれたんです。

 結局、ダンクシュートはハンドボールでならできるようになりました。ジャンプ力を測ってみたら助走をつけて1メートルは跳ぶことができました。もともとジャンプ力はなかったので、トレーニングで培ったものですね。

――筋トレのどんなところに魅力を感じましたか。

 できなかったことができるようになるのが、楽しいですね。苦しいことを乗り越えた感じはなくて、途中から辛さは感じなくなりました。筋肉をつけることは面白いなと思いますね。