2021.04.19

「マンガの世界?」北京五輪金メダル候補の新濱立也、自身も驚く急成長

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kyodo News

北京五輪で金メダル候補に挙がる新濱立也北京五輪で金メダル候補に挙がる新濱立也  スピードスケート新濱立也(高崎健康福祉大・職員)の躍進が止まらない。

 2018年平昌五輪後の2018ー19シーズンに世界デビューし、W杯500mで3勝して種目別総合2位。自己ベストは世界歴代2位の33秒79まで伸ばした。翌シーズンは、W杯で種目別総合優勝を果たし、500mと1000m2本ずつで競う世界スプリントでは、前年2位からステップアップする総合優勝を果たした。

 身長183センチの恵まれた体型を十分に生かした滑りで、一躍、22年北京五輪500mの金メダル候補に躍り出ている。

 日本スケート連盟がコロナ禍により国際大会派遣を中止した昨シーズンは、国内戦のみの出場。しかし、新濱はその期間中にスケート靴を3足試すという異例の"実験"をした。

「国内の試合だけだったからできました。(通常は)シーズン中に靴を変えることはないですよね」

 新濱はこともなげにそう話す。彼と初めて話した時に感じたのは、「鈍感力」の高さだった。繊細過ぎないからこそ、そうした試みができるのかと問うと、新濱は「そうなんですかね」と、明るく笑った。

 新濱がスケート靴を次々と試したのは、さらなる飛躍のためだ。

「北京五輪へ向けてということもあるけれど、昨シーズン以上の成績を求めるとなれば、技術向上が当たり前になります。靴が不安定な状態だと技術をいくらつけても活かせないと思って、足元を安定させてから、さらに技術を構築し、好成績を出そうと考えました」