2021.03.19

再び休場の両横綱に代わって、錣山親方が三月場所で注目する3人の力士

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

元寺尾・錣山親方の『鉄人』解説
~2021年三月場所編

元関脇・寺尾こと錣山(しころやま)親方が、本場所の見どころや話題の力士について分析する隔月連載。今回は、3月14日から両国国技館で開催されている大相撲三月場所で注目すべき力士について話を聞いた――。

 大相撲三月場所が3月14日から東京・両国国技館で行なわれています。

 本来、3月の春場所は大阪での開催となりますが、今年はコロナ禍にあって、移動による感染リスクを避けるため、東京での開催となりました。昨年も新型コロナウイルス感染拡大の影響により、無観客開催となったので、関西方面で大相撲観戦を楽しみにしていたファンの方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 それでも、昨年の七月場所以降と同じく、両国国技館での本場所開催は実現することができました。今場所も最後までとどこおりなく行なわれるように、私たち相撲協会員は感染防止を徹底し、できる限りの努力をしていく所存です。関西方面のファンの方々はもちろん、観戦に訪れることができない全国のファンの方々には、日々全力で戦う力士たちの姿を、テレビ画面を通して楽しんでいただければと思います。

 さて、今場所前は、ここのところ休場が続いている白鵬、鶴竜の両横綱が久しぶりにそろって出場する、という話題で盛り上がっていました。実際、先月行なわれた合同稽古に両横綱が参加。若手力士を相手に、いい汗をかいていたようでした。

 ところが、場所の直前になって、鶴竜が足を負傷して急きょ休場を発表。一方の白鵬は無事に初日を迎え、先場所の覇者で若手成長株の小結・大栄翔に勝って、2日目も宝富士(前頭筆頭)を巧みな相撲で仕留めたのですが、その一番を終えて古傷のヒザの状態が悪化し、3日目から休場となってしまいました。

 とても残念ですが、両横綱もすでに30代半ば。この年齢まで、横綱という責任ある立場で居続けるのはどれだけ大変なことか。関脇止まりの私にはわかりませんが......。

 そんななか、いよいよ現実味を帯びてきたのは、関脇・照ノ富士の大関復帰です。