2019.12.16

男子スピードスケート期待の村上と新濱。
ロシア勢に勝利へ課題は見えた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Naoki Morita/AFLO SPORT

 12月13日から行なわれたW杯スピードスケート長野大会。初日の男子500m第1レースには、今季W杯第4戦目にして、世界記録保持者のパベル・クリズニコフ(ロシア)が参戦。そのなかでも、先手を取ったのは日本勢だった。

W杯長野大会で日本人選手がワンツーを決めた。1位の村上右磨(中央)と、新濱立也(左) クリズニコフが第1組で登場し、リンク記録に迫る記録を出したあと、第5組に出てきたのが村上右磨(高堂建設)だった。昨季は2位1回、3位5回で、今季も第2戦で2位になっている。最初の100mを全選手最速の9秒51で通過すると、そこからの400mも25秒07で滑って34秒58のリンク記録でトップに立った。

 この夏は、弱点である最後の100mを強くするため、持久系の練習にも取り組んできた村上はその成果を今大会で発揮した。

「調子がよかったので、最初の100mは『遅くてもいいかな』という気持ちで滑っても、9秒51でした。コーナーの課題も徐々によくなっている中で、ラスト100mもしっかり氷を捕らえて体重移動ができたかなと思います」

 その記録を上回るかと期待されたのは、第7組の新濱立也(高崎健康福祉大)だった。昨季6勝でW杯総合2位になり、今季も第2戦で優勝している。だが、一度フライングをしてしまったために少し出遅れ、100mは9秒62で通過。それでも後半の強さを見せてラスト400mは25秒06で滑ったが、村上には届かない34秒67だった。

 そして、その後も今季1勝で世界ランキング1位のビクトル・ムシュタコフ(ロシア)や、今季1勝のキム・ジュンホ(韓国)は記録を伸ばせず、村上の初優勝と新濱の2位が決まった。

「村上さんのタイムがリンクレコードだと聞いて、34秒60以上を出さなければ勝てないのは、わかっていました。でも2回目のフライングをすると失格になるので、それも頭をよって少し出遅れてしまって。いつもより加速しなければいけないとバタついてしまい、100mからの加速もうまくいかなかった。最後100mで追い込んでいけるかなと思いましたが、最初のところで脚を使ってしまったので、いつもより追い込み切れなかったです」