2019.09.11

錣山親方が稽古で見た貴景勝。
「2場所休場のブランクは大きい…」

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

元寺尾・錣山親方の『鉄人』解説
~2019年秋場所編

元関脇・寺尾こと錣山(しころやま)親方が、本場所の見どころや話題の力士について分析する隔月連載。今回は、9月8日から始まった秋場所(9月場所)での注目力士について語ってもらった――。

 8日から、大相撲秋場所が始まっています。

 1カ月に渡る夏巡業で稽古に励んだ力士たちは、皆一様に日焼けして、たくましさが増した印象です。

 現に初日の取組を見ていると、攻め合い、しのぎ合うような力のこもった相撲が多く、満員のお客様からの声援もすごかったです。「いい相撲」は、やはりファンの方を惹きつけるんですね。

先場所(名古屋場所)は鶴竜が7場所ぶりに優勝 今場所の注目点としては、2場所連続負け越して関脇に陥落した貴景勝の大関復帰なるか――というところだと思います。関脇に陥落した場所で10勝すると、翌場所、大関に復帰できるという相撲協会の規定があるのですが、治療、リハビリのために、夏巡業を休場した貴景勝が、どこまで実戦に対応できるかにかかっているでしょう。

 ただ、場所前に行なわれた、横綱審議委員会稽古総見や、二所ノ関一門の連合稽古などで、実際に見た貴景勝の調子は「いい」とは言えませんでした。相撲内容が悪く、やはり2場所休場のブランクは大きいな…と感じました。本人も周囲の人たちも、「今場所、大関復帰を賭ける」と躍起になっているのはわからないわけではありません。けれども、私はあえて、「今場所にこだわらなくてもいいのでは」と感じています。貴景勝はまだ、23歳と若いし、ヒザの負傷を完全に治すまで、1年くらいを費やしてもいいのかな? と。将来がある力士ですから、そのあたりは柔軟に考えてもいいのではないでしょうか?