2018.11.14

カー娘だけじゃない。男子日本代表、
コンサドーレがアジアの頂点に

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

「ショットはかなりまとまってきた。あとは、キーショットだけ集中して決めることができれば十分に狙える」

 韓国の江陵カーリングセンターで開催されたパシフィック・アジア・カーリング選手権(以下、PACC)。ラウンドロビン(予選リーグ)で中国に土をつけられたあと、男子日本代表(コンサドーレ)のリード・阿部晋也は、初優勝の可能性についてそう語った。

 7勝1敗の2位通過ながら、ラウンドロビンの日本は確かに、阿部をはじめ、セカンドの谷田康真、サードの清水徹郎、スキップの松村雄太と、ポジションごとに高いショット率を残した。

 その結果、有利な後攻で複数得点を獲得し、先攻では相手のチャンスを摘みながら、相手にプレッシャーショットを強いてきた。カーリングでは王道とも言える、エンドの構築を貫くことができていた。

 準決勝のニュージーランド戦も同様だ。松村のフィニッシュにミスが出て、序盤はスティールを許すなどバタつく場面もあったが、「僕以外の3人が何事もなかったように、またチャンスを作ってくれたので、(ミスを)引きずらずに済んだ」(松村)と、中盤では3連続スティールを記録するなど、8-3で勝利。決勝進出を決め、大会2位以上に与えられる来年4月の世界選手権への切符を獲得した()。
※3位の韓国と4位のニュージーランドは、来年1月にニュージーランド・ネイズビーで開催されるワールドクオリフィケーションに参加。そこで勝てば、世界選手権の出場枠を得られる。また、世界選手権に挑む日本代表は2月の日本選手権優勝チームとなる。

「負けていたので、もう一度やりたかった」と、阿部がリベンジを期していた中国との決勝は、序盤から中盤にかけては主導権を激しく奪い合った。一進一退の展開のなか、同点で迎えた6エンドには2点をスティールされるなど、タフなゲームとなったが、7エンドですぐに追いつくと、終盤に得点を重ねて中国を振り切った。