2018.11.22

初場所で進退をかける稀勢の里。
いま思い出される「先代師匠の言葉」

  • 松岡健治●文 text by Matsuoka Kenji
  • photo by Kyodo News

 大相撲の横綱・稀勢の里が相撲人生の危機に立たされた。

 横綱に昇進して11場所目となる九州場所を、白鵬、鶴竜の両横綱が休場したことで、初めて「ひとり横綱」として迎えることになった稀勢の里。相撲ファンは10場所ぶり3度目の優勝を期待したが、結果は残酷だった。

 初日に小結・貴景勝に敗れると、4日目の前頭2枚目・栃煌山戦まで4連敗。大相撲が年6場所制となった1958年の以降、横綱が初日から4連敗を喫したのは初めてのこと。1931年1月場所の宮城山以来、87年ぶりとなる歴史的連敗となり、5日目に「右膝挫傷捻挫で全治1カ月」の診断書を日本相撲協会に提出して休場となった。

4連敗を喫した後、支度部屋で口を結ぶ稀勢の里 横綱に昇進した直後の2017年春場所で、13日目の横綱・日馬富士(当時)を相手に左上腕を負傷するアクシンデントがありながら、劇的な逆転優勝を果たした。しかしその代償は大きく、続く夏場所から、横綱として史上ワーストとなる(全休も含めた)8場所連続休場を余儀なくされた。

「1度目」の進退をかけた先場所は10勝5敗で切り抜け、九州場所に向けた調整も順調にこなし、普段は寡黙な男が珍しく優勝への意欲を口にしていた。危機を脱し、完全復活の場所になると見られていたが……。一転、どん底に叩き落された。

 休場を決めた5日目の朝、稀勢の里は福岡県大野城市の田子ノ浦部屋宿舎で「応援してくださった方、ファンの方に申し訳ない」と、年に一度の九州場所が横綱不在となった事態を謝罪した。さらに、来場所での進退を問われると、「今はしっかりケガを治し、それから考えたいと思います」と短く語った。

 報道陣の前では明言しなかったが、師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)には、「このままでは終われない。もう1回だけチャンスをください」と決意を伝えていたという。8場所連続休場、初日からの4連敗と、いずれも横綱として歴史に残る不名誉な記録を残したことで、来場所を待たずに引退してもおかしくない状況に追い込まれていた。しかし、稀勢の里は「もう1回」と師匠に頭を下げた。
 
 綱の重みを誰よりも自覚しているだけに、「もう1回”だけ”」という言葉には、来場所も同じような成績になれば引退も辞さない覚悟が表れている。自ら退路を断ったことで、来年の初場所は再び進退をかけた土俵になる。