2018.11.13

ロコ・ソラーレにとって、
PACCの敗戦も世界一への「いい教訓」

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 11月10日まで韓国・江陵で開催されていたパシフィック・アジア・カーリング選手権(以下、PACC)。女子日本代表として4大会連続出場となるロコ・ソラーレは、決勝で韓国代表に8-12で敗れ、準優勝で大会を終えた。

 ラウンドロビン(予選リーグ)から準決勝までの7試合は、ゲーム後半にリードを許すことのない磐石の戦いを見せたが、決勝では「若くて、勢いのあるチーム」(吉田夕梨花)という韓国代表のチームKIMからの追い上げを受け、押し切られる形で3年ぶりのアジア王者にはなれなかった。

PACCでは準優勝に終わったロコ・ソラーレ このチームKIMは、8月の韓国国内のトライアルおいて、平昌五輪で話題になった「メガネ先輩」ことキム・ウンジョン率いる五輪銀メダルチームを破って、今大会に駒を進めてきた。

 なかでも際立っていたのは、19歳のスキップ、キム・ミンジだ。ゲーム終盤のプレッシャーのかかる場面でも、ドローショットを幾度も決めるなど、勝負強さが光った。今大会は男子選手も含めて多くの選手が「これまでのPACCと比べても、ここまで滑るアイスは珍しい」と、”滑るアイス”への対応を勝負のポイントに挙げていたが、彼女はそのアイスにうまく対応していた印象だ。