2018.04.30

藤澤&山口ペア、世界5位!
カーリング界はこの快挙を次に活かせるか

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 スウェーデン・エステルスンドで開催されたカーリングのミックスダブルス世界選手権。日本代表として参加した藤澤五月(ロコ・ソラーレ北見)と山口剛史(SC軽井沢クラブ)のペアは、日本勢過去最高の5位という結果を残した。

 山口は「やるからには金メダルを目指していたので、悔しさもあるけれど……」と前置きしたうえで、こう語った。

「基準となるベスト8以上の成績を残せたのはよかった。”ジャパン”としての仕事はできたのかなと思っています」

ミックスダブルス世界選手権で5位になった藤澤&山口ペア ミックスダブルスは、今年の平昌五輪から初めて採用された五輪の新種目だ。日本勢はそこでの出場権は得られなかったが、4年後の2022年北京五輪に向けては、本格的に出場を目指していく方向性にある。

 もし北京五輪の出場枠が平昌五輪と同じレギュレーションで争われるとした場合、五輪から逆算して直近2大会の成績によって決められる。つまり、2020年と2021年の両世界選手権において、成績に応じて振り分けられるポイントを稼がなければいけない。

 ポイントは、金メダルが14ポイント、2位が12ポイント、3位が10ポイント、以下、4位が9ポイント、5位が8ポイント……と、12位(1ポイント)まで与えられる。