2018.03.30

カーリング女子、世界レベルを知った
富士急は、LS北見に勝てるか?

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 カナダのノースベイで開催されたカーリング女子の世界選手権。日本代表の富士急は、ラウンドロビン(総当たりの予選リーグ)5勝7敗の10位という成績で初の世界挑戦を終えた。

 ドイツやデンマーク、イタリアといった欧州の中堅チームには競り勝ったものの、平昌五輪にも出場したロシアや韓国、さらにはランキング上位国のスウェーデンやカナダなどには力負けした結果だ。

初の世界選手権で経験を得た富士急。左から小穴、石垣、小谷優、小谷有 それでも、初めての世界戦で5勝を挙げたのは、大きな収穫だった。妊娠で欠場となった西室淳子の穴を埋める形でスポット参戦した小野寺佳歩(北海道銀行フォルティウス)を含め、5人がそれぞれの仕事を果たした。負けたゲームでも、主導権を握っていたエンドは多かった。

 特に、初の世界舞台でありながら、リード・バイス小谷有理沙のパフォーマンスは出色だった。

「日本選手権から見ていましたが、(小谷有選手は)単純に投げがうまい。今後、体力的にも、技術的にもスイープ面が成長すれば、チームの大きな武器になってくる」

 そう賛辞を惜しまないのは、平昌五輪男子代表だったSC軽井沢クラブのスキップ両角友佑(もろずみ・ゆうすけ)だ。

 海外渡航自体が初めてという17歳は、大会を通して82%という及第点とも言えるショット率で、チームの晴れの舞台での戦いに貢献した。