2018.03.29

スノボ外国人メダリストが絶賛
「日本人ライダーはクレイジーだね!」

  • 徳原 海●文・写真 text&photo by Tokuhara Kai

 2月の平昌五輪、そして平野歩夢の優勝に沸いた3月のバートンUSオープンと、今季のスノーボードはシーン全体がこれまでにない盛り上がりを見せたと言えるだろう。この実り多きシーズンがターニングポイントとなり、来季以降、ひいては4年後の北京五輪に向けて、スノーボードを取り巻く環境そのものがよりいい方向に進んでいくことに期待したい。

 では、そのように良質なサイクルを生み出しつつある日本のスノーボードシーンについて、世界はどう見ているのだろうか。ライバルである外国人ライダーたちの見解を探るべく、USオープン開催期間中、アメリカ・コロラドにて平昌五輪スロープスタイルのメダリストたちに話を聞いた。

USオープン直後のレッド・ジェラード。今後が楽しみな驚異の17歳 まずは男子スロープスタイルを制したレッド・ジェラード。並みいる実力派ライダーたちを押しのけ、平昌の地で表彰台のトップにのし上がったアメリカ期待の17歳だ。

「平昌五輪では自分が望んでいた通りの結果が出て、本当にすばらしい経験になりました。ユニークなコースでしたが、いいルーティンを見せることができたと思います。ただ、17歳で、ということに特別な感情はないですね。僕は子供の頃から常にスノーボードのことを考えてきたし、クールでクリエイティブなトリックを決めて、スノーボードで多くのことを成し遂げることだけに熱中してきましたから。平昌のような成功を、今後もずっと続けていきたい」

 五輪の疲れもあったのか、直後のUSオープンではミスが目立ち決勝に進むことができなかったものの、この華奢な若者が今後長きにわたって男子スロープスタイルの中心的存在になってくることは確実だ。ジェラードはライバルである日本人ライダーたちについてこう語る。

「日本人ライダーたちは、スロープスタイルという競技において、しっかりとしたスタイルを持っているし、僕と同じような年齢の選手もどんどん出てきています。彼らがすべてのジャンプで着地に成功したとしたら、正直、勝てる保証はないですね。北京もそうですし、USオープンやXゲームズでも、この先は日本のライダーたちと常にメダルを争うことになるのではないでしょうか。とくにユウキ(角野友基)は本当にクレイジー(笑)。彼の滑りがとても好きですね」