2018.03.02

五輪メダルも通過点。カーリングの
「ど変態」本橋麻里の戦いは続く

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA

 昨年9月、代表決定戦に勝ち、平昌五輪代表を決めたロコ・ソラーレ北見(以下LS北見)の主将・本橋麻里についての記事を出した。

「カーリングの変態」本橋麻里の献身でつかんだLS北見の五輪キップ

 雑誌、ウェブにかかわらず、媒体記事のタイトルは編集部がつけることが多い。キャッチーな言葉を使う、あるいは本文から拾うという意味では、編集者のほうが経験があり、記事は読まれてナンボという意識が強いからだろう。そこで、とりわけウェブ媒体では人の目にとまりやすい強い言葉を使う必要がある。いわゆる”釣りタイトル”もこのあたりに大きな理由がある。

 当初、僕がつけたタイトルは「マリリン、3度目の五輪へ。勝負を分けた献身」という、確かに平凡なものだった。

 編集部はそれに対して、上記を提案してきた。確かに「変態」という言葉はキャッチーこのうえない。ただ、アスリートに、それも女性に、そんな言葉をぶつけるのはいかがなものか、という葛藤もあった。

 それでも記事の内容は、彼女の努力やチームの勝因について言及した悪いものではないという自負もあった。何よりも多くの人に読んでもらいたいという下心もあったので、結局、編集部の提案に乗った。

 記事は、おかげさまで多くの人に読んでいただいたようだった。ネットの掲示板やコメントは玉石混淆なので、書き手として気にしないようにしているが、このときばかりはちょっと気になっていた。本橋の夫・謙次さんのコメントを使ったからだ。