2018.02.14

楽しめた高梨沙羅。「ソチの時より
今の顔の方が好き」と言われ笑顔

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by JMPA

 2月12日の深夜に終わった平昌五輪女子ジャンプ。銅メダルを獲得した高梨沙羅(クラレ)は、「悔しさ半分です」と言いながらも4年前には見られなかった笑顔がこぼれた。

「目標にしていた金メダルには届かなかったですが、飛び終わってホッとしたというのはありました。何よりここにきて一番いいジャンプが最後に出たので……。最後は自分を信じて飛べたのがよかったと思うし、楽しい試合ができました」

銅メダルを獲得して、試合後も笑顔を見せた高梨沙羅 平昌入りした高梨の初練習を見たとき、飛び出しの形が以前より固まってきているようで、徐々に上げてきた調子が、ここにきて万全になりそうだと感じた。

 しかし見た目とは裏腹に、その時の高梨はまだ自分を信じられる状態ではなく、いろいろ試しながらやっていたという。それでも最後には自分に暗示をかけるように、今までやってきたことを思い返してやるしかないと吹っ切れた。

 そのキッカケになったのが、競技前日に行なわれた3回目の公式練習だった。気温はマイナス10度を下回って強い風も吹く悪条件だったが、1本目は最長タイの103.5mを飛び、ゲートファクターとウインドファクターを入れたポイントでは1位になった。2本目も得点は4位ながら105.5mを跳んだ。

「1本目と2本目と自分の中で確認もできたし、このジャンプで臨むんだという強い気持ちを持って3本目を飛ばないことにしました。それが(結果に)つながったと思います」

 今季は、冬シーズン直前の合宿が気温上昇で十分に練習を積めなかったこともあり、開幕戦は技術的に万全な状態で臨むことができなかった。その後も試行錯誤のなかで、なかなか勝てない状況が続いた。