2018.02.15

小平奈緒、好記録の銀で500mの
金メダルがますますハッキリ見えた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by JMPA

 2月14日に江陵オーバルで行なわれた、スピードスケート女子1000m。2位に終わった小平奈緒(相澤病院)の表情は穏やかだった。

「今日はとにかく順位やタイムよりも、目の前にあるきれいなリンクを自分のものにしようと思って、そこだけに集中して……、自分らしいレースが最後までできたと思う」

1000mで銀メダルを獲得した小平奈緒(右)と、これでふたつ目のメダルとなった高木美帆(左) こう話す小平の記録は1分13秒82。彼女が今季のW杯ヘレンベーン大会(オランダ)で出した1分13秒99の低地自己最高記録を上回っただけでなく、ブリタニー・ボウ(アメリカ)が2015年にアメリカのミルウォーキーで出した、これまでの低地世界最高記録1分13秒81に0秒01まで迫る素晴らしい記録だった。

 だが、優勝したヨリン・テルモルス(オランダ)は、それを上回る1分13秒56という記録を出した。

 テルモルスはソチ五輪に続いて今回もショートトラックと”二刀流”で代表になっているが、ソチ五輪では、1500mとチームパシュートで優勝した選手。その後は500mと1000mに力を入れて、小平が総合優勝した2017年2月の世界スプリント(カナダ・カルガリー)では3位になっている。1000mでも今季は高地カルガリーで1分12秒53まで記録を伸ばしており、今大会、小平も警戒している存在だった。

 結城匡啓(まさひろ)コーチが「今回のテルモルスの組み合わせは、相手がボウで最高でしたね」と言うように、スタートからの200mは前半が強いボウに引っ張ってもらい、最終周回のバックストレートではボウを追えるという、インスタートの有利さを生かせる展開にも恵まれた。