2016.06.01

近づく「本番」へ向けて重要な試合が多数。
6月主要スポーツカレンダー

  • photo by MEXSPORT/AFLO

【2016年6月スポーツカレンダー】

2日
【男子ゴルフ】日本ツアー選手権森ビル杯(~5日)
3日
【サッカー】キリンカップサッカー2016 ブルガリア戦
【なでしこ】国際親善試合 vsアメリカ第1戦
【バスケット】NBAファイナル ウォリアーズvsキャバリアーズ(最大6月20日の第7戦まで)
4日
【体操】全日本種目別選手権(~5日)
【エアレース】レッドブル・エアレース千葉(~5日)
【サッカー】コパアメリカ センテナリオ USA 2016(~27日)
5日
【競馬】安田記念(GI)
6日
【なでしこ】国際親善試合 vsアメリカ第2戦
【野球】全日本大学選手権
7日
【サッカー】キリンカップサッカー2016 ボスニア・ヘルツェゴビナorデンマーク戦
9日
【女子ゴルフ】全米女子プロゴルフ選手権(~12日)
10日
【サッカー】EURO2016欧州選手権(〜7月10日)
13日
【F1】第7戦 カナダGP決勝
15日
【卓球】荻村杯ジャパンオープン(~19日)
16日
【男子ゴルフ】全米オープン(~19日)
18日
【WEC】ル・マン24時間レース(~19日)
19日
【F1】第8戦 ヨーロッパGP決勝
24日
【陸上】日本陸上競技選手権大会(~26日)
26日
【競馬】宝塚記念(GI)
【F1】第9戦 イギリスGP決勝
27日
【テニス】ウインブルドン選手権(~7月10日)
29日
【サッカー】U-23 キリンチャレンジカップ2016 南アフリカ戦
※日時は日本時間

U-23代表からA代表へ召集された大島僚太 6月はサッカー代表の試合が怒涛のごとく行なわれる。男子のA代表は9月から始まるW杯最終予選前、最後の国際Aマッチとしてキリンカップサッカーに臨む。今の日本代表の力を試す重要な一戦となるため注目度は高く、新戦力として召集された大島僚太や小林祐希のプレーも楽しみのひとつだ。今大会は、日本を含む4カ国がトーナメント方式を行ない、日本は3日の豊田スタジアムでブルガリアと対戦し、7日にボスニア・ヘルツェゴビナかデンマークと対戦する。

 また、今年の3月にリオ五輪出場を惜しくも逃したなでしこジャパンが、高倉麻子新監督を迎えて、新たにスタートを切る。その初陣を飾る相手は、昨年の女子ワールドカップの決勝でも戦った世界王者のアメリカ。コロラドとオハイオで2戦が行なわれ、アメリカはリオ五輪出場を決めているため、そこに向けての調整も兼ねてフルメンバーを揃えてくるはずだ。日本もアンダー世代の監督を務めてきた高倉監督らしく、若い顔ぶれとなった。23歳ながらもロンドン五輪、W杯カナダ大会を経験している岩渕真奈の活躍にも注目したい。

 最後は29日に長野で行なわれるU-23のキリンチャレンジカップ。この大会もA代表同様、リオ五輪という本番前の最後の国際試合となる。5月に行なわれたトゥーロン大会では1勝3敗と結果を残せなかっただけに、ここで勝ちを収めてリオ五輪に向けて勢いをつけたいところだ。

1

関連記事