2016.03.29

カーリング女子、平昌五輪へ! LS北見の快挙が持つ大きな意味

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by AP/AFLO

 カナダ・スウィフトカレントで開催されたカーリング世界選手権(3月19日~27日)で、日本代表のロコ・ソラーレ北見(以下、LS北見)が準優勝に輝いて、五輪を含めた国際舞台で日本勢史上初のメダル獲得という快挙を達成した。

世界選手権で銀メダルを獲得したLS北見。日本カーリング史上初の快挙だ 参加12チームの総当たり戦で行なわれた予選リーグから、LS北見は安定したパフォーマンスを見せていた。世界ランク9位(大会後は6位に浮上)ながら、同1位のカナダ、3位のスウェーデン、4位スコットランド、5位ロシアといった強豪に競り勝って、9勝2敗の首位タイという好成績で予選リーグ突破を果たした。

 現地で全試合を観戦し、テレビ解説も務めていた石崎琴美氏(2002年ソルトレイクシティ、2010年バンクーバー五輪代表)は、そんなLS北見の戦いぶりについてこう語った。

「(LS北見の)彼女たちは、どのチームが相手でも、すべてのゲームでしっかりアイスを読み切ることを目標に掲げていました。勝敗よりもそこに集中することによって、大舞台でもプレッシャーを感じることなく、いつもどおりのびのびと、笑顔で自分たちのカーリングができていたと思います」