2016.03.16

【自転車】大事故から1ヶ月。
新城幸也が語る「復活」へのプラン

  • 山口和幸●取材・文 text by Yamaguchi Kazuyuki  飯島美和●撮影 photo by Iijima Miwa

 世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」に5回出場し、すべて完走している日本の第一人者、新城幸也(あらしろ・ゆきや)が左大腿骨(だいたいこつ)骨折の重傷を負った。7月2日に世界遺産のモン・サン=ミッシェルで開幕する、今年のツール・ド・フランスには間に合うのか? そして2度目の五輪となるはずのリオデジャネイロ大会の出場は? 復帰を目指してリハビリに集中する「新城幸也の今」を取材した。

 新城幸也――。沖縄県石垣島出身の31歳。2007年・2013年の全日本チャンピオンであり、2012年のロンドン五輪・個人ロードレース日本代表。ツール・ド・フランスは5回出場(2009年、2010年、2012年、2013年、2014年)してすべて完走し、ジロ・デ・イタリアは2010年と2014年、そして2015年にブエルタ・ア・エスパーニャを完走して「グランツール」と呼ばれる三大大会を全走破している。日本選手としては前人未踏の快挙であり、世界的にみてもあまり例がない実績だ。

新城幸也は苦しいリハビリの合間にも笑顔を見せてくれた プロ11年目の2016年シーズン、新城は慣れ親しんだフランスのチームを初めて離れ、イタリアのUCIプロチーム「ランプレ・メリダ」に移籍した。

「10年やろうと思ってやってきたわけじゃないけど、振り返ればあっという間に10年が過ぎていた。これからは”新生・新城幸也”として頑張りたい。ツール・ド・フランスでのステージ優勝が目標」と、シーズンを前にして意気込みを語っていた。

 だが、意欲満々でシーズンインした新城に、まさかのアクシデントが襲いかかった。