2016.02.28

【月刊・白鵬】『白鵬杯』愛息の初参戦に横綱は何を思ったか

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

第58回:白鵬杯

『白鵬杯』の表彰式で優勝した子どもたちにトロフィーを授与する横綱初場所(1月場所)を終えたあと、
横綱が主催する『白鵬杯』が開催された。
今年は横綱の息子が初参戦。
同大会の舞台裏に迫る――。

「なにわに春を告げる」と言われる、大阪・難波開催の春場所(3月場所)。その番付が2月29日に発表され、3月13日には本場所の幕が開けます。そうした時期を迎えて、私自身、春の訪れをじわじわと感じているところです。

 さて、初場所(1月場所)が終わって以降、私は目まぐるしい日々を過ごしてきました。1月31日には、私が主催する『第6回 白鵬杯』を観戦。今年も、日本、モンゴル、アメリカ、中国、韓国から多くの子どもたちが参加してくれて、白熱した戦いを見せてくれました。大会規模が徐々に大きくなって、相撲のレベルも年々上がっているような印象を受けました。

 一方で、子どもたちの相撲を朝早くから見守ってくださっていた熱心な方々もたくさんおられました。子どもたちにとって励みになったでしょうし、そうしたファンの方々には感謝の言葉しかありません。

 実は今大会、私の長男で小学校1年生の眞羽人(まはと)が、初めて出場しました。幼い頃から「相撲をやりたい」などと言ったことはなかったのですが、昨年あたりから興味を持ち始めたようです。父親としては、子どもが関心を持ったことには協力し、できるだけサポートしてあげたいですからね。大会に向けて、まわしをプレゼントし、少しは指導もしたんですよ。