宮原知子と坂本花織が『ファンタジー・オン・アイス』の見どころを語る プログラムに「性格が出る」

  • 山本夢子●取材・文 text by Yamamoto Yumeko
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

宮原知子×坂本花織 対談 後編(全2回)

『ファンタジー・オン・アイス2024』の千秋楽・静岡公演(6月22〜23日)を前に、出演スケーターである宮原知子さんと坂本花織さんの対談が実現! 後編では、静岡公演で披露するそれぞれのプログラムの見どころを伺いました。

『ファンタジー・オン・アイス2024』に出演している宮原知子さん(左)と坂本花織さん『ファンタジー・オン・アイス2024』に出演している宮原知子さん(左)と坂本花織さんこの記事に関連する写真を見る

【コラボで魅せる幸せオーラと輝き】

ーー『ファンタジー・オン・アイス2024』は6月15〜16日の神戸公演からBツアーが始まりました。いかがでしたか?

坂本花織(以下、坂本) 私は初めて『ファンタジー・オン・アイス』のオープニングで(順番がトリの)ラストだったので......。

宮原知子(以下、宮原) 大役を担ったね。

坂本 盛り上げる大変さを今回初めて思い知りました!

宮原 私は、1公演目はいつも緊張するんですけど、オープニングとフィナーレをちゃんとやりきって。ちょっと間違えてしまったんですけど、要領をつかめた感じがしたのでいったん、ふぅー、という感じです。

ーーBツアーの見どころはどんなところでしょうか?

宮原 コラボレーションはみんなが知っている曲ばかりなので、お客さまもスケーターもみんな一緒に「わぁー!」と盛り上がれるところが一番の見どころかなって私は思います。

坂本 (ミュージシャンの)石井竜也さんや一青窈さんは上の世代の方も知っているし、家入レオさんは若者世代も知っていて、老若男女みんな、年齢性別問わずみんなが楽しめるショーになっているのではないかなと思っています。

宮原 入り込めるね。

坂本 うんうん!

ーー今回、おふたりともコラボレーションプログラムがありますね。

宮原 Aツアーのコラボはけっこう激しい音楽でロックンロールな感じが入っていたんですけど、Bツアーの石井竜也さんとのコラボ『はなひとひら』では幸せオーラがあって華やかで、ゆったりした感じになっています。自分も滑っていて心穏やかになるので、そこをお客さまにも伝えられたらいいなというのが、一番見せたいところです。幸せオーラを。

石井竜也さんとのコラボーレーション『はなひとひら』石井竜也さんとのコラボーレーション『はなひとひら』この記事に関連する写真を見る

坂本 私の見どころは......。

宮原 『Shine』!

坂本 そう、家入レオさんとのコラボで『Shine』! 歌詞のどのShineをとっても「輝いてる!」みたいな感じがやっぱり見どころかなと思っています。私はどんな時でも笑っている感じなので、自分の笑顔で見ている人も笑顔になってくれたらいいなと思って滑っています。

坂本さんと家入レオさんとのコラボレーション『Shine』坂本さんと家入レオさんとのコラボレーション『Shine』この記事に関連する写真を見る

宮原 歌詞もめっちゃかおちゃん(坂本)にぴったりだなと思いながらいつも見てる。

坂本 ありがとうー。感情移入しながら滑っています。

1 / 3

プロフィール

  • 山本夢子

    山本夢子 (やまもと・ゆめこ)

    スポーツライター。青森県八戸市出身。5歳からフィギュアスケートを習い始め、高校卒業まで選手として各大会に参加。その後、渡米し大学を卒業、就職。帰国後は、コピーライターとして広告制作に携わる。2005年からフリーランス。現在はライターとしてフィギュアスケートの専門誌を中心に執筆中。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る