山本草太「諦めにも近い日々」を越えて...激戦の全日本フィギュア男子で初表彰台「10回目で報われた」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

【混沌の表彰台争い】

 12月23日、長野。全日本選手権の男子シングル・フリーは抜きつ抜かれつ、白熱の攻防となった。優勝した宇野昌磨、2位になった鍵山優真のふたりは龍虎相打つ様相で傑出していたが、"表彰台争い"は混沌。行方が見えなかった。

「僕が予想したよりもハイレベルな大会でした。日本一をとるのが一番難しい、それくらい日本はレベルが高い。みんなで切磋琢磨し、競技を盛り上げるのは楽しいですが、成績を残すにはパーフェクトな演技が求められますね」(鍵山)

「たくさんの全日本を経験してきましたけど、これだけ皆さんのすばらしい演技が続くことはなかったんじゃないか、と思いました」(宇野)

 フリー15番目の三宅星南(せな)が清々しい演技でトップに立ったあたりから、混戦の予感が漂い始める。三宅と同じ長光歌子コーチの指導を受ける"同門"の吉岡希が抜き返すが、直後にリンクに立った壷井達也も高得点をたたき出し、順位を塗り替える。どのスケーターも一歩も譲らない。

 最終グループは、さらに戦いが熱を帯びた。まず友野一希は観客を引き込むようなプログラムを実現し、万雷の拍手喝采を浴びた。しかし、次の佐藤駿も演技後にポーズを決め、総合点で順位を上回る。どの選手も熱に浮かされるように、最高の演技を見せた。次に登場した三浦佳生も、『進撃の巨人』で会心の演技だった。

「公式練習でも、みんな状態はよかったんで、絶対にいい演技をしてくるとは思っていました」

 三浦はそう言って、鬼気迫る演技を見せて首位に躍り出たが......。

1 / 4

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る