羽生結弦が「もう滑りたくないと思っていたプログラム」をスターズ・オン・アイスで選んだ理由 裏舞台では他の出演者を気遣う姿も

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

●久しぶりの「チョコパイとか甘いもの」

 アイスショー「スターズ・オン・アイス 2023」が3月30日、大阪・東和薬品RACTABドームで開幕した。

「スターズ・オン・アイス」に出演した羽生結弦「スターズ・オン・アイス」に出演した羽生結弦この記事に関連する写真を見る オープニングでスポットライトが当たり、氷上に伏していた羽生結弦が『All These Things That I've Done』で踊り出すと、観客席からは大歓声が上がった。ショーのボルテージは一気に上がる。そして、島田高志郎や宮原知子らのグループ演技に続く。

 世界選手権出場の山本草太の演技で始まったショーは、世界選手権金メダリストの宇野昌磨や坂本花織、ペアの三浦璃来/木原龍一に加え、世界選手権アイスダンス優勝のマディソン・チョック/エヴァン・ベイツ(アメリカ)や3位のパイパー・ギレス/ポール・ポワリエ(カナダ)、ペア2位のアレクサ・クニエリム/ブランドン・フレイジャー(アメリカ)に男子3位のイリア・マリニン(アメリカ)、5位のジェイソン・ブラウン(アメリカ)、女子3位のルナ・ヘンドリックス(ベルギー)ら、そうそうたるメンバーが出演した。

 その大トリが、オープニングを飾った羽生だった。

「東京ドーム公演(2月26日)を終えてから、3月にはすごく意味の深いショー(『notte stellata』)を全力で、全神経を注いでやったので、そのあとはちょっとおいしいものを......、チョコパイとか甘いものを久しぶりに食べました。

 体調自体はそんなにベストではないですけど、今回もすべての演技に全神経を注いで頑張りたいと思います」

 そう話した羽生が演じたのは、東京ドーム公演で久しぶりに滑った『オペラ座の怪人』だった。

 ステップシークエンスから滑り出すと、4回転トーループ+3回転トーループを決め、イーグルからのトリプルアクセル+2回転トーループをきれいに決める。まるで試合モードの滑りだった。

 そのあとは3連続ジャンプから3回転ループと3回転ルッツを跳ぶとコレオシークエンスではイナバウワーも見せて、フライングチェンジフットシットスピン、チェンジフットコンビネーションスピンと、かつての構成でプログラムを滑りきった。

1 / 3

プロフィール

  • 折山淑美

    折山淑美 (おりやま・としみ)

    スポーツジャーナリスト。1953年、長野県生まれ。1992年のバルセロナ大会から五輪取材を始め、夏季・冬季ともに多数の大会をリポートしている。フィギュアスケート取材は1994年リレハンメル五輪からスタートし、2010年代はシニアデビュー後の羽生結弦の歩みを丹念に追う。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る