2022.02.17

坂本花織「ロシアの3強は空気感が全然違う」。それでもSP3位発進、メダル獲得へ「思いをぶつける」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直/JMPA●撮影 photo by Noto Sunao/JMPA

北京五輪SPで『No More Fight Left In Me』を演じる坂本花織北京五輪SPで『No More Fight Left In Me』を演じる坂本花織 この記事に関連する写真を見る

【泣きそうになるくらいの緊張】

 2月15日、北京五輪のフィギュアスケート女子シングル・ショートプログラム(SP)。「団体戦の銅メダルに恥じないような演技をしたい」と話していた坂本花織の滑りは、その思いのとおりに堂々としたものだった。

 演技順は、強力なロシア勢のあとの最終組、最終滑走。

「正直、最終滑走という事実より、ロシア(ROC=ロシア・オリンピック委員会)の3人と一緒の場所で滑ることのほうが怖くて、本当に、本番前もひざの震えが止まらなかったんです。自分の心拍数が上がっているのもわかってすごく緊張していると感じたし、リンクに入ってからも泣きそうになるくらいの緊張でした」

 ROCのアレクサンドラ・トゥルソワとは昨年10月のGPシリーズのスケートアメリカでともに出場し、トゥルソワが優勝し、坂本は4位。坂本が優勝したGPシリーズのNHK杯は、トゥルソワはケガで欠場するなどロシア勢は不在だった。アンナ・シェルバコワとは昨年3月の世界選手権以来の対戦で、シニアに上がってきたばかりのカミラ・ワリエワは初めての同じ舞台。坂本は「その3強が目の前にいるとなると、もう空気感が全然違うし。それが一番の緊張のもとでした」と話す。

【イチかバチかの挑戦】

 それでも坂本が実際に演じたのは、重厚感さえ感じさせるノーミスの滑りだった。坂本はノーミスの演技ができた理由について、「何だろう。最終滑走者になれたおかげかな」と言って記者たちを笑わせた。

 最終組2番滑走のワリエワが、最初のトリプルアクセルで軸が動いてしまう珍しいミスをしながらも、そのあとはしっかりまとめて82.16点。4番滑走のトゥルソワは、トリプルアクセルではアンダーローテーション(回転不足)で転倒し、次の3回転フリップはノット・クリア・エッジ(明確でない踏み切り)の判定はついたが、後半はまとめて74.60点とまずまずのスタート。続くシェルバコワは、大技がないながらも完璧な滑りをして80.20点だった。