2021.12.28

羽生結弦は「精神がグジャグジャ」「泣きそう」な状況を越え全日本連覇。北京五輪は「勝ちにいく」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

12月26日、全日本フィギュアのフリーで『天と地と』を演じる羽生結弦12月26日、全日本フィギュアのフリーで『天と地と』を演じる羽生結弦 この記事に関連する写真を見る 12月26日の全日本フィギュアスケート選手権男子フリー。会場を満たした観客や関係者だけではなく、テレビやインターネットを通じて見ている数多くの人たちが注目した羽生結弦(ANA)の4回転アクセルへの挑戦は、両足着氷でダウングレードと判定される結果になった。だが、ほとんどの人たちは、目にした彼の夢への挑戦に大きな満足感を得ただろう。

【本番前に「精神がグジャグジャ」】

 この日昼過ぎからの公式練習で羽生は、なかなか4回転アクセルに取り組まなかった。開始から25分ほど過ぎたところでようやくスピードを上げてシングルアクセルで感覚を確かめたあとにトライしたが2回転半で体を開いて着氷。そして、曲かけではシングルアクセルになった。

「今日(12月26日)の公式練習では、自分のなかで回せることは期待しなくなっていて......。とにかく本番が一番大事なので、『本番に合わせきる』と思って練習をしていました。ただあまりにも跳べなさすぎて若干失望もしたので、本番にいくまではかなり精神がグジャグジャになっていたんです。そういうところも含めて、自分自身がまだ練習でも成功していない4回転半を、本番で使用するというのが本当に難しいなとあらためて感じさせてもらいました」

 こう話す羽生。「(着氷した)公式練習初日(12月23日)の4回転アクセルを皆さんは見ていて、『羽生はめちゃくちゃアクセルが上手になったな』と思われたのではないかと思う」と語り、「でもあれができるようになったのは本当にここ2週間くらい」とも説明した。

「ずっとぶっ飛ばして(4回転アクセルを)跳んでいて軸も作れなくて、回転も(今より)もっと足りなくて何回も何回も体を打ちつけていて。本当に毎回、頭を打って脳しんとうで倒れて死んでしまうんじゃないかと思うようなジャンプをずっとしていたんです。だから、皆さんのなかで『これは跳べるんじゃないか』みたいに感じて思っていただけるというのもあるけど、正直、けっこうまだいっぱいいっぱいです。あそこまで軸を作るということがどれだけ大変なことかというのと、軸を作りきれる自信ができてきたら、それから100%回しきることをやっていかなければダメなので。まあ、試合のなかであれだけできたら、今の自分にとっては妥協できるところにいるんじゃないかなと思います。悔しいですけど」