2021.12.29

「あまり考えずに過ごしてきた」から「夢の続きをしっかり描く」へ。羽生結弦が北京五輪に対する意識の変化を語った

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

全日本フィギュアを優勝し、メダリスト・オン・アイスで演技する羽生結弦全日本フィギュアを優勝し、メダリスト・オン・アイスで演技する羽生結弦 この記事に関連する写真を見る

【夢のその先へ】

 全日本フィギュアスケート選手権の男子フリーが終わり、来年2月の北京五輪代表が発表された12月26日、夜。全日本2連覇を果たし、五輪出場権を獲得した羽生結弦は、記者会見で、五輪へ向けての意識をこう語った。

「僕にとっては2018年平昌五輪までが完全に夢の舞台で、2014年のソチと平昌で金メダルを獲って五輪連覇を達成するのが小さい頃から描いていた夢であり、具体的な目標でした。正直言って北京までの五輪3連覇というものを、あまり考えずに過ごしてきました。ただ、僕が今置かれている状況だったり、僕が今挑んでいるものを考えれば......。また、いろんな年齢で五輪に向けて頑張っている多くの選手たちの姿を見て、今のフィギュアスケート男子で五輪3連覇という権利を有しているのは僕しかいないので。もちろん夢に描いていたことではなかったかもしれないけれど、夢の続きをまたしっかり描いて、前回、前々回とはまた違った姿で北京五輪に臨みたいと思います」

 そして一夜明けた12月27日には、五輪3連覇を狙う決意をした瞬間について話した。

「選考委員会が終わって代表に選んでもらい、日本代表のジャージをいただいて腕を通した時に『ああ、これが五輪だな』と思いました。でも自分は2連覇というものをすでに持っていて、それを失うのは確かに怖いんです。北京で負ける確率のほうが、今のところは間違いなく平昌五輪より高いと思うし。ただユニフォームを着た時に『これは勝ちにいくためのジャージだな、勝ちにいかなきゃいけないんだな』と、あらためて思わせていただきました」

 羽生の五輪連覇という実績は、どんなことがあっても消え去るものではない。だが、3回目の挑戦で敗れてしまえば、その連覇という実績に傷をつけるかもしれない、と考えているのだ。だからこそ、挑戦する以上は勝ちたい、と。