2022.01.01

村元哉中&髙橋大輔組が振り返る結成からの道のり。今後は「まだまだもっといい景色を見たいなという気持ちがある」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

全日本選手権は2位に終わった村元哉中・髙橋大輔組全日本選手権は2位に終わった村元哉中・髙橋大輔組 この記事に関連する写真を見る  12月下旬に開催された全日本フィギュアスケート選手権のアイスダンスでは、小松原美里・尊組に1.86点差で敗れ、北京五輪代表の座を逃した村元哉中・髙橋大輔組。リズムダンス(RD)での転倒もあり自分たちの力を発揮しきれずに終わった。

「(北京五輪の代表については)ぎりぎりまでわからないところだったけど、結果は素直に受け入れることができました。ただ、世界選手権の代表は、最初に呼ばれたシングル(の代表)は全員が五輪代表だったから、もしかしたらないかもしれないと思ったけれど、名前を呼ばれたのはうれしかった。世界選手権も出られなかったら、本当に落ち込んだかもしれません」

 髙橋は代表発表から一夜明けた12月27日にこう言った。そして村元も「(世界選手権代表で)名前を呼ばれたのでホッとしたし、もう一回世界と戦えるチャンスをもらえたのがうれしかった」とさっぱりした表情で話していた。

 そして、世界選手権とともに2022年1月の四大陸選手権の代表にも選ばれ、「五輪シーズンの四大陸はチャンスがある。表彰台を目指したい」と気持ちを切り替えている。