2021.04.13

鍵山優真の成長の秘密と今後の課題を、本田武史が徹底解説

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihiro

本田武史の世界選手権総括(前編)

 コロナ禍のなか、異例づくめで行なわれた2020-21シーズンの世界選手権。日本は男女とも来季の北京五輪の出場枠「3」を確保し、特に男子は2位~4位の上位を占める活躍を見せた。どんな戦いが繰り広げられたのか、本田武史氏に男子シングルの大会総括を語ってもらった。

 まずは世界選手権が無事に開催されたことにホッとしています。本当にたくさんの人のサポートがあったおかげです。選手たちには不安もあったと思いますが、いざリンクに立っている姿を見ると、そんなことを感じさせないようなスケートに対する熱意が伝わってきました。世界選手権というタイトルに向けての演技に気持ちがこもっていました。

 北京五輪の枠取りもあって各国の選手がしのぎを削る中、2位から4位に日本の3人が入ったことに、こんな時代が来たんだなと思いました。羽生結弦選手と宇野昌磨選手で金と銀を取って、すごい時代が来たなと思っていたところに、さらに鍵山優真選手が加わってきた。日本の男子が、次の時代に向けて成長していることを実感しました。

 まず、初出場で銀メダルに輝いた鍵山選手は、ショートプログラム(SP)2位、フリー2位と大健闘でした。自己ベストを大幅に更新できたのは、ジャンプの質が高く、ジャッジからも高評価を受けたからだと思います。着氷の流れ、回転の余裕、体を開いて降りてくるというところは、GOE(出来栄え点)でプラスをもらえた部分だと思います。

初出場の世界選手権でショートプログラム2位、フリー2位、総合2位だった鍵山優真初出場の世界選手権でショートプログラム2位、フリー2位、総合2位だった鍵山優真  フリー前半3つの4回転に関しては、GOEで3点から4点をつけられるようなすばらしいジャンプが続きました。フリー終盤の2つ、3回転ルッツ+3回転ループとトリプルアクセルはステップアウトになってしまいましたが、大きく減点されるようなミスではなかったところが、高い点数にもつながったと思います。

 あの緊張感のなかであれだけの演技ができるのは、強い精神力の持ち主だからでしょう。フリーではネイサン・チェン選手の後に滑りましたが、そこで集中力を発揮できたことは今後の自信につながるはずです。