2021.04.13

羽生結弦、宇野昌磨、チェン…本田武史がトップスケーターを分析

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihiro

本田武史の世界選手権総括(後編)
前編を読む>>

世界選手権でショートプログラム首位、フリー4位、総合3位に終わった羽生結弦世界選手権でショートプログラム首位、フリー4位、総合3位に終わった羽生結弦  今回の世界選手権で4年ぶり3度目の優勝を目指していた羽生結弦選手は、ショートプログラム(SP)1位発進から、フリー4位の総合3位となりました。

 大会が始まる前の公式練習を見ていて、いつもよりも元気がないのかなと、少し心配していた部分がありました。いつもはもっと勢いよくワーッとリンクに出ていくのが羽生選手の特徴なのですが、今回はゆったり目に調整するような公式練習になっていました。

 それでも、試合ではしっかり集中して演技をしていたと思います。SPに関してはノーミスの演技でした。ただ、ジャンプの質などを考えると、もうちょっとGOE(出来栄え点)で加点をもらっていてもいいのではないかという印象はありました。

 フリーの演技前の羽生選手は、明らかにいつもと違う感じでした。ウォームアップの時に、衣装を着た状態だったのが珍しかったし、靴を履くタイミングがギリギリで、直前のジェイソン・ブラウンが滑り終わるという頃に、まだ靴を履いていませんでした。6分間練習でも、ジャンプは問題がなかったようでしたが、いつもとはペース配分が違ったみたいで、やはり元気がなさそうなことが気になりました。

 フリーに関しては、ジャンプの感覚に若干のズレがあったのかなという気がします。いつもよりも回転軸が太めで、ちょっと斜めに曲がってしまう感じだったように思います。演技全体を考えると、やはり本調子ではなかったのかもしれません。

 ただ、そんななかでも後半、4回転+3回転のコンビネーションジャンプと4回転からの3連続ジャンプという2つの大技を決めてきたことは、さすがだなと思いました。得点源のジャンプをしっかり決めたことによって表彰台に乗ることができたのだと思います。

 今後について羽生選手は、4回転アクセルが一番の目標だと明言しています。周囲はオリンピック3連覇を期待しますが、いまの羽生選手にとって、4回転アクセルを決めることが一番のモチベーションであり、それを目指してやっていく中にオリンピックがあるという流れでしょう。