2021.03.22

安藤美姫が日本女子3選手の世界選手権展望を語る「カギはGOE」

  • 辛仁夏●取材・文 text by Synn Yinha
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 昨季の世界選手権(カナダ)は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)の影響により大会開催直前で中止が決定。その後、世界中がコロナ禍に見舞われ、イレギュラーなシーズンとなった今季は、グランプリ(GP)シリーズは開催地出身または練習拠点にしている選手だけが出場できるという特別ルールの下で、NHK杯をはじめスケートアメリカなど全6戦中4戦が各地で開催された。

 しかし、今年1月の欧州選手権と2月の四大陸選手権が中止となる一方、現時点では今季の世界選手権(スウェーデン)は24日から大会を開催予定となっている。まだ収束できていないコロナ禍の中で世界選手権が無事に開催できるか不確定要素があるが、プロフィギュアスケーターで解説やコーチ業もこなしている安藤美姫さんに、世界選手権女子について日本人選手3人を中心に展望してもらった。

ロシア勢にどこまで食い込めるか期待される紀平梨花選手ロシア勢にどこまで食い込めるか期待される紀平梨花選手

 今回の世界選手権に出場する日本人女子選手3人の中では、紀平梨花選手が表彰台争いに絶対に食い込んでくると思います。なぜなら、ショートプログラム(SP)でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を演技構成に組み込むことは、勝負において大きなアドバンテージだからです。SPでどれだけ点差を広げて上位につけるかが、勝敗のポイントになってくると思います。トリプルアクセルを確実にSPで跳んでくる紀平選手は、ミスのない演技ができれば頭ひとつ抜けていると思います。

 今の紀平選手の強みは、「トリプルアクセルの確率の高さ」。この大技を跳んでいる他の選手よりも、高い確率で跳んでいると思うので、この調子を維持して楽な気持ちでしっかりと跳び続けてほしいと思います。

 紀平選手は、トリプルアクセルを跳ぶことについて、すごく神経を使って、研究しながら取り組んでいる印象があります。ただ、あのレベルまでトリプルアクセルが完成しているのであれば、心配せず跳んでいいのではないかと。紀平選手本人もトリプルアクセルの完成度の高さを強みだとわかっているはずなので、そこは(跳び)外さないような精神面を持って臨んでほしいと思います。

 もちろん4回転(サルコウ)を全日本で成功させたので、引き続き、4回転も精度を高めていくジャンプにしてほしいですし、「最初に失敗しても大丈夫」ぐらいの気持ちでやったほうが、きっと4回転も変な力が入らず、(ジャンプが)ハマってくるんじゃないかなと思います。