2021.03.22

羽生結弦がネイサン・チェンと再戦。ライバルに勝利するための条件は

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

昨年12月、全日本選手権SP演技の羽生結弦昨年12月、全日本選手権SP演技の羽生結弦  羽生結弦は昨年2月の四大陸選手権でプログラムを2018年平昌五輪でも使用した『バラード第1番』と『SEIMEI』に戻した。19年12月のグランプリ(GP)ファイナルと全日本選手権で納得のできない演技が続いたからだ。

 その四大陸選手権、ショートプログラム(SP)で111.82点の世界最高得点を更新して優勝。これで主要国際大会6冠を獲得し、男子シングル初の「スーパースラム」を達成した。

 試合後、羽生はSPの『バラード第1番』の演技をこう振り返った。

「曲を感じながら、クオリティの高いジャンプを跳べたことは、このプログラムならではだと思う。音と一体になりながら、それぞれの要素だけではなく、表現のために必要な止まり方なども含めて、すべてがシームレスに入っているというのが、やっぱり心地いいです。見た人も心地いいと思ってくれるのであれば、その演技を続けていきたいし、自分自身がその心地よさを求めてフィギュアスケートをしています。この試合でそれを感じられたのは大きいと思います」

 毎シーズン、新しいものを提示するのではなく、ひとつのプログラムに時間をかけ、その間の経験でつかみ取ったものを組み入れ熟成させていく。そうした手法もあるのではないか、と羽生は口にした。ひとつのプログラムを高いクオリティーで完成させるという方向性を突き詰めてみたいと考え、その1カ月後に予定されていた世界選手権でネイサン・チェン(アメリカ)との再戦に思いを馳せていた。だが、世界選手権は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった。