2021.03.19

小芝風花、フィギュアスケーターとして辛かった手術とたくさんの楽しい思い出

  • 山本夢子●取材・文 text by Yamamoto Yumeko
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

小芝風花インタビュー
フィギュアスケート 前編

次世代の実力派俳優として注目を集める小芝風花さん。実は元フィギュアスケーターで、小学3年から中学2年まで競技に打ち込んでいたといいます。インタビュー前編は、スケートとの出会いや競技の思い出、アイスダンス挑戦などについて伺いました。

小中学生のときにフィギュアスケートをしていた小芝風花さん小中学生のときにフィギュアスケートをしていた小芝風花さん
ーーフィギュアスケートを始めたのはいつごろだったのですか?

小芝風花(以下、小芝)
 私はもともと器械体操を2年くらい習っていたんです。荒川静香さんが(2006年トリノ)オリンピックで金メダルを獲得されてフィギュアスケートが話題になったとき、子どもの体操の練習を見学していたお母さん方から「風花ちゃんはフィギュアスケートに向いてそうだよね」と私の母が言われたらしくて。それで、家族でスケートを滑りに行ってみたらすごく楽しくて、「体操よりもスケートを習いたい!」と母にお願いしたのがきっかけでした。最初に習った先生がすごく優しかったので、「先生と滑るのが楽しい」という感覚が強かったかもしれないです。

ーー最初に習った先生はどなたですか?

小芝
 (大阪の)臨海スポーツセンターの小関(悦也)先生です。その後は平池大人(たいじん)先生に教わりました。

ーー平池先生に師事されていたのですね。

小芝
 そうなんです、(友野)一希くんとかと一緒に。一希くんは当時すごく小さくて可愛かったんですけど、最近、テレビで見て「1歳差だったんだ!」と衝撃を受けました(笑)。(山本)草太くんもすごく可愛くて、みんなで一緒に遊んでいましたね。練習の合間に鬼ごっこをしたりして。