2020.12.01

坂本花織、構成変更で高得点獲得。全日本での紀平梨花との好勝負に期待

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

構成変更をして挑んだNHK杯SPの坂本花織 11月下旬のNHK杯を制した坂本花織。2位の樋口新葉に28.53点差という、文句のつけようのないスコアだった。ショートプログラム(SP)から攻める気持ちで臨んだことが勝利の大きな要因だった。

 坂本のSPのジャンプ構成はこれまで、前半にダブルアクセルと3回転フリップ+3回転トーループを入れ、基礎点が1.1倍になる最後のジャンプは3回転ループとしていた。だが、NHK杯はループに代えてルッツを入れ、さらに3回転フリップ+3回転トーループを最後に持ってきた。

 得点力アップは、世界で上位を目指す坂本にとってクリアすべき重要な課題だった。3回転ルッツの基礎点は5.90点で、ループより1点高い。また、基礎点が1.1倍になるジャンプは平昌五輪以前のように後半に入れればいいだけでなく、3本目のジャンプだけに限定されている。そうした中、より基礎点が高い連続ジャンプを最後に持ってくれば大きな得点源になる。

 坂本のこれまでのSP自己最高得点は、2019年の世界国別対抗戦で完璧に滑った時の76.95点だったが、世界で表彰台争いをするためには80点台に乗せなければいけない。つまり、必要不可欠な構成変更だった。坂本はこう説明する。

「3回転ルッツをこれまで入れていなかったのは、よく(エッジ)エラーと判定されていたので。それがもったいないから、得意な3回転ループにしていました。でも(振り付けの)ブノワ・リショー先生から、『ルッツを入れて連続ジャンプを後半にしてくれ』というラインが来ました。挑戦も必要なのかなと思い、2週間くらい前から練習を始めました」