2020.12.01

樋口新葉は羽生結弦と同じ発想でトリプルアクセルに挑戦していた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

NHK杯SP演技の樋口新葉。トリプルアクセルに挑んだNHK杯SP演技の樋口新葉。トリプルアクセルに挑んだ  11月27、28両日のNHK杯女子シングル。優勝した坂本花織がショートプログラム(SP)でジャンプの構成難度を上げたのと同じく、2位の樋口新葉もこの大会で攻めの姿勢を見せた。「今季、フリーで絶対に成功させたい」と取り組むトリプルアクセルをSPにも入れてきたのだ。

 シーズン直前、樋口はトリプルアクセル挑戦への決意を語りながらも、SPに関してはフリーで安定して跳べるようになってから導入すると話していた。昨シーズンもトリプルアクセルの成功率が上がっていた中で夏場にケガをして出遅れたが、その時点で全日本選手権に照準を合わせ、食事も変えて体づくりなどから取り組み始めていた。すると、昨年12月の全日本と20年2月の四大陸選手権で2シーズンぶりに200点台に乗せ、それぞれ206.61点と207.46点を出していた。

 自信を取り戻しつつある現在、樋口はSPにトリプルアクセルを入れることに迷いもあったはずだ。失敗して自信を失うリスクも当然ある。だが、練習で成功の確率が上がってきていることもあり、新たな挑戦心が芽生えたのだろう。

 かつて羽生結弦も14年ソチ五輪の優勝後、次のシーズンにフリーで基礎点が1.1倍になる後半に4回転トーループを入れようとしていたことがある。その際、SPでも同じくトーループ導入の決断をしたのは、「フリーで入れるための練習にもなる」という思いからだった。

 今回の樋口は、その時の羽生と同様の考え方をした。樋口は「やっぱり点数を取るためには難しいジャンプを入れなければならないと思っていましたが、アクセルが安定してきたし、練習にもなるんじゃないかと思ってショートでも入れることにしました」と説明した。