2020.02.09

紀平梨花、四大陸選手権で4回転回避。
貫いたのは勝利にこだわる強さ

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

四大陸選手権で連覇を果たした紀平梨花のフリーの演技 全日本女王の紀平梨花が、男女を通じて日本初となる四大陸選手権2連覇を飾った。フリー演技の直後、笑顔で首を縦に「うん!」と頷く仕草を見せて、納得の表情を見せた。

 ショートプログラム(SP)1位の紀平は、フリーで4回転サルコウを回避。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も1本が1回転になる失敗をしながら、151.16点をマークし、合計232.34点で他を圧倒した。日本勢はこの種目で5年連続優勝となった。

 SP5位の樋口新葉は、フリー5位の134.51点で、合計207.46点の総合4位、SP位の坂本花織はフリー8位の129.72点で、合計202.79点の総合5位だった。15歳の韓国のエース、ユ・ヨンが、SP3位から、フリー2位の149.68点、合計223.23点と、いずれも自己ベストを更新して総合2位となり、2009年大会のキム・ヨナ以来、韓国勢として11年ぶりにメダルを獲得した。

 紀平はSPで2位のブレイディ・テネル(アメリカ)に約5点差をつけたことで、フリーでは4回転サルコウの挑戦を予定していた。だが、フリーの冒頭に跳んだのは3回転サルコウだった。