2019.12.28

宇野昌磨はあえて自らマイクを請い、
羽生結弦について語り始めた

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

逆転で全日本選手権4連覇を果たした宇野昌磨 専属コーチ不在のままシーズンインした宇野昌磨が、シーズン序盤の不振から見事な復活を遂げて、全日本選手権で4連覇を成し遂げた。羽生結弦に初めて勝った大会ともなった。

 フリーの演技を終えた宇野は次のように語った

「今日のフリーでよかったのは、失敗してもミスと思わず、演技に集中できたことと、ミスを最小限に抑えられたことです。今シーズンはいままでで一番つらいシーズンだったんですが、それを経験した中でうれしい結果が出たので、スケートをあきらめなくてよかったです」

 ショートプログラム(SP)の『グレート・スピリット』はすばらしい出来だった。冒頭の4回転フリップ、トーループの4回転+2回転の連続ジャンプ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は、いずれもキレのあるジャンプだった。十八番のクリムキンイーグルも見せ場となり、宇野自身が今季の目標にしていた「自分らしくプログラムを表現する演技」を披露。見終わったあとはしばらくの間、ドキドキ感が収まらなかったほどの演技だった。得点は105.71点とシーズンベストをマーク、首位の羽生とは5.01点差の2位発進だった。

 4年ぶりの出場となった羽生と、やっと同じ全日本の舞台で戦える宇野にとって、大会3連覇という過去の結果はあってないようなものだった。今年こそは真の全日本王者になるべく、羽生に勝って4連覇を飾りたいと密かに闘志を燃やしていたのではないか。

 2位で迎えたフリー『ダンシング・オン・マイ・オウン』は、プログラム前半の4つのジャンプが危なっかしい着氷ながらも耐えて踏ん張った。後半に連続ジャンプを3つ跳んだ中で、3連続ジャンプの最後のジャンプが1回転になったが、ミスを最小限に抑えた。フリーは1位の184.86点を出して合計290.57点。ジャンプミスを連発して合計282.77点の羽生を7.80点上回り、シニア転向後9回目となる羽生との対戦で、ついに初勝利を挙げた。

「全日本選手権までに時間があったので、たくさん練習してきたんですけど、体力が足りなくなってしまって、最後のアクセルであきらめながらも、フリップをつけなきゃと思ってシングルフリップをつけました。失敗も楽しむことができ、成功も楽しむことができた。本当に今シーズンはつらいと思う時間が例年よりも多かったので、久々に楽しむ練習、楽しめた試合ができました。演技はベストではなかったですけど、最後まで自分の演技を貫けた達成感というのはあります」