2018.07.10

女子フィギュア10代3人娘が揃って登場。新プログラムの滑り出しは上々

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直/Dreams on Ice 2018●撮影 photo by Noto Sunao/Dreams on Ice 2018

 7月6日に新横浜スケートセンターで開催された『ドリーム・オン・アイス2018』。躍動感のある滑りを見せたのは、第2部のトリで登場した18歳の坂本花織だった。

「アイスショーの後半の部で滑ることはこれまでなかったですし、しかもトリだったのですごく緊張しましたけど、今日は上出来でした」

 笑顔でこう話す坂本が演じたのは、新フリープログラムの『ザ・ピアノ』。振り付けは、昨季のフリーの『アメリ』と同じブノワ・リショーで、曲は「いつものようにお任せでした」。

ショーのトリを務めた坂本花織 冒頭は、「絶対に決めたいので最初に持ってきた」という3回転フリップ+3回転トーループを若干の不安定さを見せながらも決めると、その後、ダブルアクセルと3回転ルッツをしっかり跳んだ。

 また、「ここが私の稼ぎどころなので得点が高くなる後半に入れました」というダブルアクセル+3回転トーループ+2回転トーループもきれいに成功。『ファンタジー・オン・アイス』神戸公演ではジャンプが不安定で、転倒をしていたのがウソのような上々の出来だった。

「曲が去年に比べて大人っぽくなったし、もう18歳なので心も表現も大人っぽくなれたらいいなと。最初は柔らかい感じですが、最後はすごく力強い演技になってくるので、そこが見どころと思います。ルールが変わったので、ジャンプのあとのトランジションが大事と言われて、やったことのない振り付けをして大変だったけど、だいぶ慣れてきました。去年の振り付けは氷の上だけだったけど、今年はオフアイスでも時間をかけてやってきたので、しっかりやらないとブノワさんに怒られてしまうと思っています」

 こう話す坂本の滑りは、大きさと力強さの中にもしなやかさがあるダイナミックなものだった。昨季、五輪まで駆け上がった自信がその演技に表われている。