2017.12.20

五輪をめぐる女子7人の激闘。
全日本フィギュアはどうなってしまうのか

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 フィギュアスケート全日本選手権2017の開幕を翌日に控えた12月20日、本番会場で公式練習が行なわれた。五輪切符2枚を懸けた女子シングルのトップ選手7人が、同じグループに入って緊張感あふれる練習を見せ、五輪に向けた熱い思いを演技にぶつけた。

 今大会が五輪代表の最終選考会となるだけに、どの選手も今季ここまでの練習と試合の成果をここにぶつける。女子の激戦は、ノーミス演技と連続ジャンプがカギを握りそうだ。

五輪代表争いで1歩リードしている樋口新葉 今季前半戦の代表選考レースで優位に立っているのは、グランプリ(GP)シリーズで2戦とも表彰台に乗った樋口新葉だろう。ロシア杯で3位、中国杯では2位と、ひとり気を吐いた。ジャッジの評価も高く、今季初戦のロンバルディア杯からGPファイナルまでの4戦で、すべて合計200点超えの得点をマーク。世界で表彰台争いができる力を身につけてきたと言っていい。

 昨年まで2年連続準優勝の全日本だが、今年こそは優勝を決めてすっきりと五輪切符も手に入れたいはず。樋口らしさを十二分に引き出す最強のプログラム、ショートプログラム(SP)『ジプシーダンス』とフリー『007スカイフォール』で念願を叶えたいところだ。

 気迫のこもった公式練習を見せた樋口は、「(最下位の6位に終わったGPファイナルが)すごく悔しかったので、その悔しさを一番大事なこの全日本にぶつけられるように、悔いの残らない練習をしてきました。落ち着いて滑りたいですし、しっかりと練習してきたことを出し切りたいです」と、意気込みを語った。