2017.12.10

宮原知子、GPファイナル5位は
「計画した以上」の復活スケジュール

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 グランプリ(GP)ファイナル最終日は9日、女子フリーが行なわれ、6選手全員が合計200点超えとなるハイレベルな戦いが繰り広げられた。

 ショートプログラム(SP)3位の宮原知子はジャンプの回転不足が目立って得点が伸びず、フリーで138.88点の4位となり、合計213.49点で総合5位にとどまった。SP5位の樋口新葉もジャンプでミスを連発してフリーで128.85点の6位に沈み、合計202.11点で総合6位の最下位に終わる。日本勢としては3年ぶりにメダルを逃す結果になった。

 優勝したのはアリーナ・ザギトワ(ロシア)。今季シニアデビューしたばかりながら快進撃を続ける15歳は、世界歴代4位の合計223.30点で初優勝を成し遂げた。基礎点が1.1倍になるプログラム後半にジャンプを全て組み込む高難度の構成で、ミスも最小限に抑え、76.61点をマークした技術点で他を圧倒した。これにより、ロシア勢はこの大会で4連覇となる。

GPファイナルのフリーでは4位、総合では5位に終わった宮原知子 世界女王エフゲニア・メドベデワの負傷欠場により、急遽、繰り上がり出場となった宮原。3連覇した昨年末の全日本選手権後、左足股関節の疲労骨折と診断されて長期休養を余儀なくされたが、今季はGP第4戦のNHK杯で11カ月ぶりの競技会復帰を果たし、2戦目のスケートアメリカで優勝。順調に復帰シーズンを戦って、「まさか出場できるとは思ってもいなかった」というファイナルの舞台まで戻ってきた。