2017.12.10

高得点連発でジュニアの表彰台を独占。
やっぱり、おそロシアすぎる!

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 出場枠6のうち、ロシア人選手が5名出場して注目されたジュニアグランプリ(GP)ファイナル女子の戦い。優勝したアレクサンドラ・トゥルソワは歴代2位の205.61点、2位のアリョーナ・コストルナヤは歴代4位の204.58点、3位のアナスタシア・タラカノワは歴代5位の199.64点と、ロシアのエテリ・トゥトベリーゼコーチの門下生たちが強さを発揮した。

 トゥルソワの合計得点は昨季の世界ジュニアでアリーナ・ザギトワ(ロシア)が出していたジュニア女子最高の208.60点には届かなかったが、彼女たちの戦いは大会初日の12月7日のSPからレベルの高いものだった。

ジュニアGPファイナルで初優勝したロシアのトゥルソワ SP1位と2位になったトゥルソワとコストルナヤはともに得点が高くなる後半にジャンプを入れた構成で、ザギトワが昨年のジュニアGPファイナルで記録した70.92点のジュニア世界最高得点を上回る73.25点と71.65点を獲得した。

「高得点が出てビックリした」と記者に囲まれて少しはにかみながら話すトゥルソワは、「スピンをもっと頑張ればよかった。反省はいつも残るものだから、これからも頑張っていきたい」と、フライングシットスピンの加点が0.79にとどまったことを悔しがった。

 一方、ジュニアGPファイナルで唯一の日本選手である紀平梨花も見せ場をつくった。ハイレベルな戦いの中で「初出場だった去年より緊張しなかったので、やれるかなと思った」と、ほぼノーミスの演技。自己最高を0.04更新する66.82点でSP4位発進とした。