2017.09.30

羽生結弦の今季フリー『SEIMEI』は
2年前と、どう変わったのか

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 羽生結弦が2015年のグランプリファイナルで記録した、当時のフリープログラム世界最高得点は、219.48点だった。このときは、4回転ジャンプは前半にサルコウとトーループ、後半にはトーループの連続ジャンプが入っていた。

 8月のトロントでの公開練習では、前半に4回転ループ、4回転サルコウ、3回転フリップ。後半は4回転サルコウ+3回転トーループ、4回転トーループ+1回転ループ+3回転サルコウ、4回転トーループ、そしてトリプルアクセルの連続ジャンプ、最後は3回転ルッツという構成だった。また、練習では「ミスをしたときのリカバリーも考えて、最後のジャンプをトリプルアクセルにすることもある」と羽生は話していた。

フリーでも世界最高得点更新に注目が集まる羽生結弦 だが、その構成はシーズンイン直前に変更し、4回転は5本ではなく、前半にループを1本入れ、後半にサルコウ1本とトーループ2本の計4本となった。それでもジャンプの基礎点は87.76点。2シーズン前の『SEIMEI』のジャンプの基礎点79.81点と比較すると大幅に伸びている。その差が2年間の羽生の進化の一面を示しているといえるだろう。